走シンドローム

栃木×マラソン・ランニングの情報発信や、1児の凡才パパランナーの走った記録などを記事にしています。ランニング関連会社に勤務。

新婚旅行はバルセロナマラソン(2017年)

僕は2016年に入籍し、新婚旅行は2017年に行きました。まずどこに行こうか、という話ですが、僕は飛行機があまり好きではなく海外、特に長時間のフライトはちょっと嫌だなぁと思っていました。それとは反対に妻は海外に行きたいということで(新婚旅行なので当たり前ですよね。笑)、じゃあどうしようか・・・と考えていた時に、海外マラソンを思いついたのです。
せっかく海外に行くなら、マラソン大会に出てみたい!と思い、候補の3月に開催されている大きなマラソン大会を調べてみたところ、「バルセロナマラソン」に行き当たりました。ツアー会社のパッケージもあったので、妻に納得してもらいここに決めました。新婚旅行・かつ初の海外旅行が海外マラソンになるとは、何とも僕らしいなと思いました(笑)。

バルセロナマラソンは2017年3月12日に開催され、僕たちはクラブツーリズムさんの「地球を走ろう!マラソンツアー」に参加させていただきました。添乗員さんも走る方で、終始親切で身近なガイドに初の海外旅行でもとても楽しかったです。。後日談ですが、この添乗員さんとは2週間後の「板橋Cityマラソン」で再会することができました。

clublog.club-t.comツアーは確か4泊6日。乗り継ぎ含めて15時間?とかのフライト、到着日は夜のためそのままホテルに入り、2~3日目は観光、現地到着から4日目にマラソンに参加し、翌日帰路に着くスケジュールです。観光部分はまた別途、気が向いたら細かく書こうと思いますが、FCバルセロナの本拠地「カンプ・ノウ」や、「サグラダファミリア」など含む世界的な観光地を多くめぐることができました。

f:id:kou90ers:20200521175953j:plain

f:id:kou90ers:20200521180010j:plain

f:id:kou90ers:20200521180017j:plain

バルセロナはスペインの北東部・地中海沿いに位置しています。気候は地中海性気候で、日本に比べると年間を通して温暖で3月でも15℃くらいが平均気温となります。

マラソン大会3日前くらいからエキスポが開催されていて街は大賑わい。せっかくなのでTシャツを買ってそれで当日は走ることにしました。ゼッケンにはファーストネームが記載されていて、熱狂的な地元の応援者から何度も呼ばれてとても楽しかったです。

f:id:kou90ers:20200521175933j:plain

ホテルがスタート・フィニッシュ地点から徒歩10分圏内くらいだったので、荷物を預ける必要がなかったのは楽でした。走る格好で着替えてそのままホテルからスタート地点に向かいました。
バルセロナマラソンは参加者数約17,000人の大型マラソン。ウェーブスタートが導入されていて、2分だか4分だかおきに各ブロックがスタートする方式です。日本ではあまりない方法で新鮮でした。

f:id:kou90ers:20200521180105j:plain

f:id:kou90ers:20200521180112j:plain

f:id:kou90ers:20200521180121j:plain

今回は新婚旅行ということもあり、どちらかと言うと楽しむことがメイン。記録にはこだわらずに走ることにしていました。大会全体的に、日本よりもお祭り的な雰囲気がとても強い印象でした。こんな仮装も。

f:id:kou90ers:20200521180057j:plain

スタートして数キロで「カンプ・ノウ」を通過します。

f:id:kou90ers:20200521180125j:plain

その後もバルセロナの美しい街並みの中を駆け抜けていきます。日本の観光地には日本の街並みがありますが、バルセロナの特徴的な街並みもとても綺麗で、その中をのびのびと走ることができるマラソンは非常に贅沢だなと思いました。
沿道の応援も終始熱狂的。一般の応援者もたくさんいましたが、ところどころにブラスバンドやロックバンドなども。あれは公式なのかな?ブラスバンドは日本でも良く見かけますが、ロックバンドはなかなかないなぁと。
また、おもしろかったのはマンションの3階だか4階だかくらいの部屋からの応援。男性4人くらいが大きな声を出していたのでおもわず見てしまったのですが、全裸に近い状態でした(笑)。これはいいのか?と思いつつ、底なしの明るさに自然と笑ってしまいました。幸せ。

f:id:kou90ers:20200521180132j:plain

f:id:kou90ers:20200521180141j:plain

有名なガウディの建築物を多くコース上に配していますが、約13㎞地点では「サグラダファミリア」。事前に観光でも行っていたのでちゃんと写真は撮りませんでしたが、まさかこんなに真横を走れるなんて思っておらず、とても贅沢だなぁと。

f:id:kou90ers:20200521180149j:plain

その後、15km~22kmと26km~31kmで長い折り返しの直線になります。2回目の直線あたりでだいぶ脚もつらくなってきました。記録を狙わないとはいえ、ちゃんとフルを走れる脚を作れてないので(笑)。そして、今振りかえってみると、思ったよりも写真を撮ってないなぁとも思いました。もっと撮っておけば良かったなぁ。

海外マラソンが初めてなので、全部がそうなのか(日本が逆に特殊なのか)わかりませんが、給水とトイレに驚きました。
まず給水所ですが、ペットボトルがそのまま1本渡されます。500mlかな?もうワンサイズ小さいかな?当たり前ですが、全部飲みきれるわけもなく、むしろほとんど飲まずに捨てざるをえません。そのせいもあってか、給水所の周辺は路面が濡れていました。後半になればなるほど水浸しならぬスポーツドリンクびたしになりそうです。ちなみに、設置されているのは「POWERADE」というオフィシャルスポンサーになっているドリンクでした。ポカリやアクエリとは全く違い、色が真っ青。ブルーハワイのようでした(笑)。
そしてトイレ。男性用トイレが剥き出しに設置されていて丸見えなんです(笑)。でも、効率的だなぁとは思いました。日本ではいろいろ苦情が出てできなそう…

31kmを過ぎるとコースは海岸沿いに。今まで街中だったので、景色が一変して気持ち良かったです。また、途中には凱旋門を潜ったり、タイル張りの路地を走ったり、一瞬たりとも飽きさせません。

f:id:kou90ers:20200521180156j:plain

f:id:kou90ers:20200521180205j:plain

ちなみにこのコース、地味にだらだら登り坂だったり、下り坂だったりはありますが、目に見えてつらいアップダウンはなく、比較的フラットで走りやすいです。そんな中ではありますが、脚が売り切れている僕にとってはラスト40kmからフィニッシュ地点に帰る、ほんとに地味な傾斜ですがずっと登っていくのがつらかったです(笑)。

そして、フィニッシュ地点。脚や身体はつらいですが、今までのフルマラソンで一番楽しかったとも言える旅も終止符となり、寂しい気持ちが強くなります。

f:id:kou90ers:20200521180213j:plain

f:id:kou90ers:20200521180221j:plain

f:id:kou90ers:20200521180230j:plain

記録は3時間46分27秒でした。

初の海岸旅行ということで不安も多かったのですが、少なくともマラソンを走っている間に不安なんてものはひとつもなくて、たくさんの人に応援してもらい、芸術的な街並みのど真ん中を走れる最高の時間でした。バルセロナマラソン、オススメです!

 

www.kou90ersrun.com