走シンドローム

栃木×マラソン・ランニングの情報発信や、1児の凡才パパランナーの走った記録などを記事にしています。ランニング関連会社に勤務。

2019芳賀町梨の里マラソン②意外と走れた5㎞

芳賀町梨の里マラソンに出場した内容を書こうと思っていたら、話がそれすぎたので自分の走りの結果を別でここに書くことにしました。笑

kou90ersrun.hatenablog.com

 

10月中ほとんど走っていなかったので、正直5㎞どのくらいで走れるのか未知数でした。というか、こんなに長い期間走らなかったことも初めてなので、どうなるか全然予測できず。とりあえずは最初無理せず入ろうと決めていました。目標は最低でも20分切り。

 

スタートした直後、中学生とか含めて周りがダッシュ状態なので落ち着いて入り、最後まで持つように落ち着いて無理なく走りました。最初1㎞はほとんど平坦だったのですが、ラップがなんと3分25秒!速すぎ!!笑
あんまり無理なく、速すぎないように入ったつもりなのにこんなに速い。これ、実はいけるのか・・・?という気持ちはすぐに打ち砕かれました。

 

1㎞を越えた直後くらいに約20mくらいを一気に駆け上がる坂が出てきました。何故か勝手に、コースは平坦だという意識があったのでびっくりしました。駆け上がっているときつらいなーと思いつつ、帰りは下りだ!とも思っていたのですが、登った直後に下りました。すごく嫌な予感…
走りの方はまだ余裕はありましたが、ちゃんと最後まで持つように余裕度を上げる走りに徹していました。
2㎞:3分49秒

一気に落ちましたが、正直最初が速かったのでこれを維持すればいいか…という気持ちでした。ただ、折り返し地点に到達する前にわりときつくなっていました。やっぱり最初速かったのは、「意外と体力が落ちてない」ではなく感覚が鈍っているだけでした。走らなくなる前にやっていた競技が1500なので余計ですね。笑
折り返しに向けて下っていきます。おいおいやめてくれ…(笑)。このコース、5㎞で直線が多いわりにはアップダウンの激しいコースでした。完全折り返しコースなので帰りも同じアップダウンに付き合わなければなりません。走っていなくて一番きつかったのは、たぶんこのアップダウンでした。
3㎞:3分55秒

 

順調にラップタイムが落ちていきますが、ここで踏ん張らないと落ち切ってしまうと思い踏ん張りました。ずっと同じ中学生と抜きつ抜かれつで走っていたのもよかったかもしれません。登りで抜かれるんですよね。やっぱり中学生だと軽いからかな。それに対して重い自分の走り。。。
4㎞:3分51秒

 

往路の記憶から、これ以上アップダウンがないことはわかっていたので、なんとかストライドとピッチを上げて走ります。最後のストレートはこの規模と思えないくらいの観客がいました。町民祭りの良さはここにも。そしておもしろいことにコース脇にコース側に向かって大量の出店が出ていました。ラストスパートかけてるのに食べ物のにおいがすごい(笑)。こんな経験、ずっと走っていますが初めてで、癖になりそうな大会です。

フィニッシュ(4.96㎞):18分36秒(3分34秒/0.96km)

キツかった…

 

 

思っていたより良いタイムで、内容もよかったです。最初あれだけスピード出せたし、その上で中盤から後半ある程度粘れたのは、1ヶ月走ってなかった自分の自信になりました。とは言え、これに甘えたら水準がどんどん落ちちゃうので、ちゃんと練習します。笑

 

走ったあとは町民祭りをがっつり楽しみました。ステージイベントもやってたし、ブースもたくさん、露店もたくさん。こういう大会だと家族で行けていいですね。

参加費1000円、参加賞はタオル。牛乳無料券と買い物券100円、芳賀ロマンの湯の100円割引券。めちゃくちゃお得!

予定が合えば来年も出たいです。ちゃんと練習して。笑