走シンドローム

栃木×マラソン・ランニングの情報発信や、1児の凡才パパランナーの走った記録などを記事にしています。ランニング関連会社に勤務。

19栃木県選手権1500mに出場する

6月2日、獲得標高2,300m・78kmの奥武蔵ウルトラマラソンを完走してきました。9時間37分の死闘。とは言え、ウルトラはタイムよりも完走と思っているので楽しく走ることができました。

 

kou90ersrun.hatenablog.com

そんな僕の次のレース。実は「栃木県陸上競技選手権」の1500m走です。
78km。78,000mを走った次のレースが1,500m(笑)。1/52の距離です。そしてそこには高低差もない。最高だ!!・・・というのは冗談で、この大会は高校生やエリート社会人が主に出場する、ガチガチの競技会なのです。記録会ではなく、競技会です。恐ろしいです。
僕も、栃木県でずっと陸上を続けて育ってきたので、高校生~大学生まで7年間、この大会にはお世話になりました。そして、大学を卒業して7年。ウルトラなんていう意味のわからない種目に挑戦するようになった僕が、再度この場に戻ってきました。
実は、3年前から毎年1,500mにはエントリーしていたのですが、毎年仕事の都合で出れずに名前のみでDNS(=did not start)という状況でした。しかし、今年は何とか出れそうなのです。急な仕事が入らなければ・・・

 

そもそもなんで1,500mかというと、5,000mや10,000mじゃ大失速したときにご迷惑をおかけしてしまうし、自信がないというのが大きな理由です。その点、1,500mならどんなに遅くとも5分以内では走れると思うし。
それに、僕はもともとスピードタイプのランナーでして、高校の時の主戦場は1,500mでした。今となってはキレは全くありませんが、この1,500mに思い入れはあります。

 

そんなこんなで6月28日(金)、1,500mに出場予定ではありますが、一応目標は4'30"にしています。キロ3分ペース。最近ではすっかり聞き慣れなくなってしまったペースですね。奥武蔵ではキロ8分とかですからね(笑)。おそらく4'30"で走れば組で一番遅くはならないです。後ろの方にはなると思うけど。

 

正直なところそんなハイペースで走り続けることを最近していないので、どこまでいけるか全くわからないんですが、ここ最近やった練習でこれが少しだけ自信になっています。

300mを54"(3分ペース)で慣れさせればいいかなーくらいに思っていたのですが、それより速いペースを繰り返せたのは予想外でした。一応、今週の金曜日には競技場でスピード練習をする予定なので、そこでもう少し長い距離を3分ペースで走る練習をして、最後の刺激にしたいと思います。

あとはレース特有のプラスαも期待して・・・。

高校生の中でウルトラおじさんが混じるレースになりますが、楽しんで走ってきたいと思います!

 

◆6月24日追記


最後の競技場追い込み練習。1500mの目標4'30”と同じペースで600m(1'48)、プラススピード上げて追い込みで300m、を3セット。600は3本目キツイながらも1'48で揃えてこれたし、300もしっかり上げることができた。これまでの練習内容を考えれば上出来。
不安要素は1000mを超えるくらいになった時にどこまでペースを保てるか。