走シンドローム

栃木×マラソン・ランニングの情報発信や、1児の凡才パパランナーの走った記録などを記事にしています。ランニング関連会社に勤務。

初100kmを城内坂ウルトラで④~ウルトラマラソン~

2018年9月30日に初100kmとして挑戦した城内坂ウルトラについて、出走記を書いています。詳しくは過去記事から…

  

kou90ersrun.hatenablog.com

 

6周目で完全に気持ちが折れていた僕。予定ではもう1周連続で走って残りを3周にしておきたいところだった。「60km走って残り40km」と「70km走って残り30km」では全くわけが違う。しかし、この時点では一回ここで休んでしまい、残りいけるとこまでいこう、70か80でリタイアか?という気持ちが強かった。

トボトボとメインエイドに歩いていくと、50kmに出場していた知り合い2人がのんびり補給食を食べていた。てっきりもう走り終えているのかと思ったら「待ってましたよ~、早くあと1周いきましょう~」とのこと。全く状況が読めなかったが、なんと40kmを走ったあとにエイドでボランティアをしているこれまた知り合いから、少し後ろを僕が走っているのを聞いて、ラスト1周一緒に走るために待っていてくれたのだという。

4周目きついところで話しかけてくれた女性といい、今回といい、僕は本当に運が良かった。もう休もうと思っていた気持ちを引き締め直し、この2人と共にあと1周走ってしまおうと決めた。

エイドのおにぎり、パンを頬張り、すぐに走り出す。ここまでほとんど1人で走ってきたので、気の知れた仲間と話ながら、しかもペースは遅くなった僕に合わせてくれて、最高の気分だった。登りは歩き、エイドでもスタッフの皆さんと話したりしながら、あっという間の1周だった。

 

・7周目:1時間29分

 

エイドで補給等をした分時間が長くなってしまったが、もうこの際時間ではない。このタイミングで1周歩を進めることができ、残りが3周に減らすことができたのは、かなり大きかった。身体は既にボロボロになっていたが、完走が現実味を増してきた。

 

本来はここで長めの休憩を取って残り30kmに備えようと思っていたのだが、完走が目に見えて、元気が出てきた。少し補給をしてまた走り出す。

いつの間にか雨も弱くなり、ポンチョを置いていってしまおうかと思ったが、また雨が強くなってびしょ濡れになるのが嫌だったので、結局最後まで着て走った。あと、地味に一番辛かったのが股擦れ。雨も相まってハーフパンツが股にくっつき、それが擦れて後半になるほどひどくなっていった。解消する方法がないので、放っておくしかないのだが…

 

ここまで来ると疲れはピークに達していて、ちょっと気を抜くと歩いてしまいそうになるが、今回学んだウルトラマラソンで大切なことは、遅くてもいかに走るところで走り続けるか(本来は、そうならないように事前練習すべきだが・・・笑)。城内坂ウルトラで言うと、2kmから4kmまでの山登りと、7kmの500m程度の急坂は「歩いて良い」ところ。だが、それ以外のところは決して妥協せずに走ること。特にスタート地点から山の入り口までは地味に登りになっている。ついつい歩きがちになるが、そのあと2kmも歩けるので遅くても走る。後は下りきった後の6~7kmの直線。下りの後で果てしなくて歩きたくなるが、ここも走る。逆にいうとこうやって1周を6区間くらいにわかりやすく分けられるこのコースは、キツくても集中は途切れず、攻略しやすいと思った。

 

・8周目:1時間36分

 

2回の登りを歩き、エイドで1分ずつくらい止まり、他を遅くても走り続けるとこのくらいの1周のタイムになるよう。キロ10分を切ってるくらいのペースだ。

 

残り2周、まだ20kmも距離がある。普段の僕だと月に2回、走るかどうかくらいの長距離だが、この時は「たったの」20kmという気持ちだった。…というか、「1周走れば、ラスト1周」という感じだ。

ここまでくると登りが本当に遅くなった。脚に手つき、進む。登りきったエイドで、「ラスト1周です。10周ありがとうございました!」と、笑顔でボランティアさんに話す女性がいた。あれ?序盤一緒に走ってた人じゃないか。やはり、ちゃんと練習してないと後半に差が出るなぁと思いつつ、エイドのおっちゃん「まだ走りきらない男もいるのに、大したもんだ!」と僕の目の前で。「残念ながらまだ後1周会いにきますよ!」と冗談混じりに笑い合う。楽しい。後からわかったことだが、この女性の方は100km女性1位の方だった。

ペースは相変わらず遅いのだが、もう止まることはない。いつもの走り方とはほど遠いが、脚を「使って」走れないのに前に進まなければいけないので、身体のあらゆる部分をフル活用している感覚がある。上体をひねり、腕を振り、骨盤を前後上下させる。思わぬ発見だ。極限になると普段使えていない部分を使うことができる。

 

・9周目:1時間36分

 

さっきと同じタイムだ。ああ、良かった。あと1周だ。何とか完走できるらしい。エイドでボランティアをしている知り合いに、「90分ある!13時間切り行けるよ」とハッパをかけられたが、もうそんなタイムに拘る気持ちはなかった(現在時刻:14時半)。楽しく、もう1周走ろう。おにぎりを頬張りながら、またほとんど休憩せずに走り出す。事前に計画していたペース表より、移動するペースは遅いが休憩の時間は短い。

 

最後の1周。ドラマと言うと大げさだが、思ってもいない出来事が起こった。

 

 ▼終章

kou90ersrun.hatenablog.com